七田式はっぴいたいむ

2016年08月28日

学習障害とは

「学習障害」と判断される人がいます。
通称、「LD」と呼ばれています。
LDとは、英語のLearning Disabilitiesの頭文字を取ったものです。
日本語で「学習障害」と呼ぶ場合、「障害」という言葉が重たいと取られるため、LDと呼ばれる方が一般的になっています。

文部科学省の定義から引用します。


「基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算するまたは推論する能力のうち、特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害はその原因として、中枢神経系になんらかの機能障害があると推定されるが、視覚障害・聴覚障害・知的障害・情緒障害などの障害や環境的な要因が直接の原因となるものではない」


とされています。

つまり、知的障害には該当はしないけれども、上記の1つかそれ以上の特定分野において、困難を伴う、ということです。


例えば、
・文字を習ったとしても理解することができず、読むことができない。→読み
・読むことはできるが、文字を書くことができない。→書き
・簡単な計算であっても解くことができず、意味が理解できない。→算数
・他人が話していることを聞くことができない。→聞く
・聞くことはできるが、うまく話すことができない。→話す
などの言語能力や算数能力の困難。

また他にも、LDの症状は多岐に及び、社会性の困難、運動の困難、注意集中の困難なども該当します。
posted by ヒサオ at 10:45| 学習障害とは