七田式はっぴいたいむ

2018年02月15日

トウレット症候群

トウレット症候群の多くは6歳〜8歳に現れ、1年以上続くようです。
性別で見ると男の子の方が女の子より多くみられるそうです。

また、併発症としては、学習障害、注意欠陥多動性障害、睡眠障害、強迫性障害などがあります。
posted by ヒサオ at 07:16| 学習障害 特徴